口コミ人気の育毛剤厳選紹介

AGAの詳細をわかりやすく解説!毛が抜ける仕組みや治療薬について

投稿日:

この記事の所要時間: 48

みなさんはAGAをご存知ですか?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味の言葉なのですが、「脱毛症」という言葉のとおり、放置しておくと徐々に毛が抜けて、量が減っていってしまいます。そのうち治る、といったものではないんですね。

「最近毛が薄くなってきた気がする」
「生え際が後退してきた」

そのような方も多いのではないかと思います。それを放っておくと、数年後には見事なハゲになっているかもしれませんよ。

AGAについてよく知って、やばいかもと思ったらすぐにでもケアを行うことが重要です。

AGAとはそもそも何なのか?

AGAとは
AGAとはそもそも何なのでしょうか?男性型脱毛症ということは、男性に関わるなんらかのものが、薄毛に関係しているのでしょうか?

はい、そうです。AGAは男性ホルモンが原因の脱毛症です。

男性ホルモンの名称はテストステロンですが、これが体内で脱毛物質ジヒドロテストステロンに変換され、ヘアサイクルが乱れることによって、薄毛が進行していきます。

ヘアサイクルとは何かというと、毛が生えて、育って、抜けて、また生えるという周期のことです。

毛が生えて育っていく期間のことを「成長期」、成長が止まる期間のことを「退行期」、それまでの毛が新たに生えてきた毛に押し出され、抜ける期間のことを「休止期」といいます。

成長期はだいたい4~6年、退行期は2週間程度、休止期は数ヶ月と続きます。髪は1年で約15cmほど伸びるのです。

しかしAGA患者の場合、このヘアサイクルは大幅に乱れてしまっています。成長期が非常に短くなってしまっているのです。

成長期が短いため、すぐに毛の成長が止まってしまい、抜ける。また生えてきて、伸びる前に、抜ける。これをひたすら繰り返すのがAGAであるわけですね。

つまりAGA患者の場合、毛が死んでしまったわけではないのです。治療を施せばまた毛が生えてくる可能性が高いというのが唯一の救いです。

ちなみに、AGA患者は20~69歳の成人男性4200万人の約3人に1人の割合でいるとされています。

33%もの確率で、男性はAGAになってしまうわけですね。最近毛が薄くなってきたなと思ったら、すぐにでも薄毛治療クリニックに相談することをおすすめいたします。

AGAの兆候がないかチェックしてみよう!

AGAの症状にはいくつかのパターンがあります。

主に頭頂部の薄毛、生え際、前頭部の薄毛が症状として挙げられ、その両方が同時に進行していく場合もあります。

みなさんは、合わせ鏡でもして頭頂部の毛の様子を確かめられたことはありますか?もしかすると、知らないうちに薄毛が進行しているかもしれません。ぜひ確認してみてください。

生え際の後退は意外と気づきにくいものです。特に前髪を残すヘアスタイルの人は、生え際の薄毛、後退を発見しにくいと言えるでしょう。

鏡の前で前髪を上げてみてください。若い頃よりもちょっと後ろに下がってきた感じはしないでしょうか。

俺ってこんなにおでこ広かったっけ?と思ったら、AGAの可能性がありますから、お近くの薄毛治療クリニックに足を運ばれることをおすすめいたします。

AGAは薬で治療できる?

AGA 治療
AGAは、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されることによって起こる脱毛症ですから、頭皮環境を良くする育毛剤(医薬部外品)等をつけても、治ることはないと考えたほうがよいでしょう。

したがって、ミノキシジル配合の医薬品の育毛剤や、プロペシアなどの専門治療薬での治療が必要となります。

特にプロペシアは、AGAに劇的な効果を発揮します。プロペシアの主成分はフィナステリドというものです。

このフィナステリドは、男性ホルモンテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変換されるのを抑制します。

脱毛物質が増加するのを抑え、ヘアサイクルを正常に戻すお薬なのです。ヘアサイクルが正常に戻れば、成長期が長くなって髪がぐんぐんと育ってきます。

効果を実感できるまでにちょっと時間はかかりますが、ハゲが治る可能性は高いです。

ハゲを予防するために

AGAは男性ホルモンが脱毛物質に変換されることによって発生するわけですから、この変換を阻害する栄養素を普段から摂っておけば、ある程度はハゲを予防することができます。

その変換を阻害する働きを持つのが、亜鉛です。サプリメント等で摂取すれば、ハゲ予防に期待が持てます。

その他、たとえば筋トレなど男性ホルモンを増加させる行動をなるべく控えるようにすると、AGAの予防になりますよ。

いったんハゲてしまうと、治すのに時間がかかりますし、場合によっては「治らない」こともあるのですから、普段から、頭皮に良い生活を心がけたいものですね。

-口コミ人気の育毛剤厳選紹介

Copyright© 今月のおすすめ育毛剤口コミ | 育毛剤や育毛シャンプーの効果比較 , 2017 AllRights Reserved.